心の悲鳴だと感じ取る病気|鉄欠乏性貧血といった病気も治しましょう|適切な病院選び
ドクター

鉄欠乏性貧血といった病気も治しましょう|適切な病院選び

心の悲鳴だと感じ取る病気

カウンセリング

特徴は全身に症状が表れる

自律神経失調症というのはよく聞く言葉ですが、実際にどのような病気なのかは余り知られていないのです。なぜかというと、自律神経失調症になると自律神経のバランスが崩れるので身体のあらゆる面で影響が出るからです。1つの症状だけで自律神経失調症と決めることは不可能なのです。どのような症状が出るかというと、精神的には落ち込みや不安やイライラなどが起こります。特定の部位としては頭痛や耳鳴り、下痢、息切れなどの症状が出ます。全身に表れるものとしては、ほてり、めまい、だるさ、微熱などです。このように、全身のあらゆるところに発症するのが自律神経失調症なのです。なぜ全身に表れるかというと自律神経は全身の機能がうまく働くように調整しているので、それがうまくいかないと全身に不調が表れるわけです。

対策はプラス思考が大切

自律神経失調症を予防するには、自分の性格をよく把握しておくことが大事です。ストレスに弱い性格の場合、どのような状況でストレスを感じやすいかについて知っておくことです。そうすればストレスを感じた時に、自分をコントロールすることができます。それによって自律神経失調症を防ぐことができます。また自律神経失調症になってしまった時、落ち込むのではなく、心が悲鳴を上げているのだとプラス思考でとらえることが必要です。マイナス思考になると、さらに症状が悪化します。原因がわからないまま調子が悪いとか、めまいがするなど症状が出る時には、心療内科や精神科で診察を受けた方がいいです。特にストレスを感じていないのに落ち込む時は、早めに病院へ行く必要があります。