自律神経の乱れによる病気|鉄欠乏性貧血といった病気も治しましょう|適切な病院選び
ドクター

鉄欠乏性貧血といった病気も治しましょう|適切な病院選び

自律神経の乱れによる病気

ドクター

特徴と原因

自律神経の乱れによって起こる自律神経失調症について説明していきます。自律神経は、自分の意思ではコントロールできないものを自動的に調整する働きがあるものです。交感神経と副交感神経の2つに分かれていて、必要に応じて使い分けています。精神、免疫、神経、内分泌などの調整を行ってくれる大事な神経です。自律神経失調症とは自律神経の乱れにより、体にさまざまな症状を起こしてしまう病気です。直接、内臓や器官に問題があるわけではないので、病院で診察してもらっても異常なしと判断される場合がほとんどです。自律神経失調症は、生活リズムの乱れ、過度なストレス、ホルモンの影響や生活環境の変化が原因に挙げられます。症状が一人ひとり違うので、その原因も一つひとつ異なります。

症状と治療法

自律神経失調症の症状は、精神面にも肉体的にも大きな影響を及ぼします。精神面では、不安が募る、苛立つ、恐怖心に陥る、落ち込む、些細なことが気になってしまうなどの症状がでます。肉体的には、頭痛、ふらつき、息苦しい、肩こり、手足のしびれ、動悸、下痢などの症状がでます。自律神経失調症を治療するためには、自分の症状やタイプに合った治療をすることが大切です。治療法としては、薬物療法、自律訓練法によるセルフコントロール、心理療法、理学療法などがあります。病院に行って診察してもらい、医師とよく話し合って治療法を決めていくことが重要です。自分の生活習慣や体質をしっかりと見直して改善していくよう心がけることで、自律神経失調症になる事を防ぐことができます。